作業員

地盤調査をしっかりしよう|災害に備えることが大切

土地の状況を知る

土嚢袋

効率的な調査の方法

住宅などの建物を建築する場合には地盤を調査することが必要になります。地盤調査の手順として、まず初めに行うことは、予備調査ともいえる事前の調査です。地形図や空中写真、地質図、地盤図など地盤調査を行う土地の周辺の状況を事前にチェックしておくことが必要になります。実際に地盤調査を行うポイントは、一つの区画の中でも数ポイントにすぎませんから、その土地周辺の全体的な土地の状況を知っておくことが重要です。次に地盤調査を行う場所の現地調査を行う必要があります。その土地の現状や周辺の建物の状況などをチェックする中で、その土地に対する客観的なデータを収集していきます。特に、その土地が埋立地だったのか、切土をした土地なのか、盛土をした土地なのか等は知っていた方が検討がスムーズに進みます。事前の調査や現地調査を経て、実際の現地での計測作業が行われます。基本的にスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる方法で調査を行いますが、点で調査することになりますので精度に問題がある場合もあります。そのような状況があるため、事前に集めた情報なども参考にしながら、地盤改良の必要性について検討を行います。地盤の解析を適切に行うことで、どのような地盤改良を行うべきかを検討していきます。地盤改良工事を適切に実施するためにも、地盤調査を行う会社と地盤改良を行う会社は別々にすることが大切です。また、万一調査結果に疑問が生じたときは、再度別の会社に再調査を依頼することも重要です。場合によっては、無駄な地盤改良工事を行わずに済むケースもあるからです。