作業員

地盤調査をしっかりしよう|災害に備えることが大切

地盤を調査するメリット

工事現場

土地の状態を把握できる

土地に建物を建てるときには、地震などの災害に備えて強固な土地に建てる必要があるため、地盤調査を行うことが大切です。地盤調査を行うことで地盤の状態を見極める事ができるため、その土地に建物を建てても大丈夫か判断することが可能です。また地盤調査を行うことで、どの程度の補強工事をすることで、建物が地震に耐えられるか把握する事ができます。軟弱な地盤の上に建物を建てると、地震が起きなくても地盤の沈下によって建物が破損するリスクがあります。住宅やビルなどの建物は建設すると簡単には移動させる事ができないため、事前に地盤調査によって建物を建てるのに相応しい土地か、判断することが大事です。また地盤の良し悪しは建物の資産価値に大きく影響するため、資産価値の高い不動産を探すときにも、地盤調査を行うことは重要です。住宅を建てる場所には大きな荷重がかかるため、ほとんどの土地は住宅を建てる事によって沈下します。沈下する程度が少なければ住宅の基礎や構造に影響はありませんが、沈下する程度が大きくなると住宅に大きなダメージを与えます。そういった事態を防ぐためには地盤調査を行って、住宅を建てたときの沈下の程度を、把握することが必要になります。地盤調査は建物を建てるときの費用と比べれば、非常に安い費用で行う事ができるため、土地に建物を建てるときには必ず地盤調査を行いましょう。また地盤調査は短期間で土地の調査を行う事ができるため、早く建物を建てたい時でも問題なく調査を行えます。